ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

11月は旧暦では霜月と呼ばれていました。

日が暮れるのが早くなりました。朝も6時だというのに空が暗く、いよいよ冬だなと感じます。勤労感謝の日を目前に、ゴートゥトラベル?の恩恵に預かりたいとわずかに期待していましたが、コロナウイルス感染リスが高まり、自粛を促すような報道も多く、自宅にこもる休日でした。経済的にも不透明感があり、淡い夢は冷め、現実に引き戻されるのでした。
出だしから重い感じですみません。しかし、こんな時期だからこそ、現実と向きあわなければ、見えない不安から解放されることはないのです。
コロナウイルス感染も追い風となり、さらに多様性と向き合い共存していかなければならないのです。
杉之間サービスは今年も新たな面々が増え、この業界にはなじみのない方の入社で、既存の方々が少々困惑することもわずかながらありますが、共通意識は安全第一で仕事に責任をもって対応することです。多様性の混在はお互いの存在を認めるため、相手の立場を理解する努力が必要です。私は非力ながら、杉之間サービスの小規模なコミュニティを円滑にする責務を担っております。無理なく毎日が精進です。

10月は旧暦では冬で神無月です

神無月の由来は神の月と言われ神様を祀る月と意味するそうです。全国の神様が島根の出雲大社に集まり会議をするそうです。またほかにも雷無月ともいわれ雷が鳴らない月ともいう説があります。旧暦で10月は冬で、いよいよ冬の到来です。雨ばかりかと思えば、やっと梅雨が明け猛烈な暑さの夏は、あっという間に去っていきました。異常な降水量で、国内の野菜不足から、弊社の主要な貨物の輸入野菜の取扱量が増え、お盆休みはありませんでした。ドライバーさんたちもお盆を外した休暇をチラホラ取っていました。お陰様で夏の賞与は例年通り支給ができました。しかしながら、コロナ禍による経済の落ち込みは影響を受けないわけではないので、不安要素は山積です。ポストコロナ時代に向けて安全対策の強化と業務の効率化を図る努力が一層要求されることと思います。
具体的対策としてはITを積極的に導入した効率的な情報の数値的分析による運行管理と安全教育指導、無駄のない業務体制の構築を図ることを進めてまいります。

東扇島台切りシャーシ取締り強化について

わが社は善意の海上コンテナ輸送業を、法人なり以前を含め、25年間にわたり東扇島でおこなっています。本年7月1日から台切シャーシ取締強化により、廃業を余儀なくされる立場になり非常に困っております。

川崎市、川崎港湾局の立場は、東扇島の違法駐車の問題は深刻であり、環境保全のため、港湾法に則り、取り締まる法律を運用することを決め、7月現在、違法駐車乗用車512台、放置乗用車100台、台切りシャーシ141台を確認し、警告書貼付は台切りシャーシ141台、罰則フラッグ取り付けは台切りシャーシ40台でした。わが社はこの罰則フラッグ取り付け40台の半数に含まれます。約20台の台切シャーシは全て船会社のコンテナが載っており、実入りの物が多く含まれます。処分については重く受け止めておりますが、小規模企業の企業努力では限界の対応を迫られております。
荷受け倉庫は、昔のままで広くはなく、切り回し作業のコンテナ差し替え作業が必要で、予定のコンテナを輸送しても、バースが空かなければ、台切りしなければならず、手卸作業での冷蔵の食品は3時間以上かかることが多く、また、ヤードの返し取りの時間制限、特定のヤード集中による混雑、コンテナの未通関等、働き方改革に伴い労働生産性を考慮しなければなりません。25年間、国内の食品調整のため、繁忙期閑散期の格差が激しいこのような不都合が多い物流を調整の努力をして担ってまいりました。今後も国内の食品流通の安定と東扇島倉庫街に貢献する所存であります。

法律の新規要綱、細則に基づき台切りシャーシだけに対し、重い罰則を行使するならば、代替え策が無ければ、企業努力では限界です。長きにわたり、わが社は港湾で仕事をさせて頂き、貢献してまいりました。簡単に排除するかのような法律の運用は人のためにすることではないと願います。世論に訴え、市政に議会の監査の働きかけ等奔走しております。何卒、ご協力お願い申し上げます。

iPhoneから送信

8月の旧暦は葉月

昔は秋を感じる時期だったのか8月は旧暦で葉月、葉落ち月という意味だそうです。今とは全く違う気候だと想像させられます。来週には梅雨明けとの予報です。梅雨とは言ってもしとしとと風情のあるものではなく、雷が轟き、洪水が起こる集中豪雨の嵐、いつの日かこの季節の呼び名すら変わるのではないかと思うこの頃です。自然の摂理ともいうのでしょうか、いつの世も繁栄と衰退を繰り返して時を重ねてきました。革命や戦争、大不況の背景には、一概には言えませんが、気候変動による不作で飢饉が存在したともいわれています。私は、とても恵まれた時期に生まれましたので、歴史で知りえた情報では、衰退の時期の苦しみはわかりません。今、起こっている異常現象は生まれて初めて体感したことで、先の見えない恐怖を感じます。今後、適正化のために多くの犠牲を払わなけれはならないと思います。その時のために体力を備えておく必要があります。一番大事なことは健康であって自立できなければならないということだと本能的に悟ります。

杉之間サービスは7月20日、6月分の給料を支払いました。内容は、今回は公表しません。多分、ドライバーさんたちは不満はない内容であると思います。なぜなら、会社として出来る限り配慮も含めているからです。社会の成熟とともに多様化が進み複雑を極めるため、コンプライアンスが重くなり、会社は対応力に限界があり、現場の環境が追い付かず、矛盾が生じることが多少ありますが、ドライバーさんは理解し対応してくれて、プロドライバーとして尊敬します。今後も、会社は前向きに取り組んでまいります。そして、コロナ禍を乗り越えるために、健康であるべき努力をして行きましょう。

7月は旧暦では秋の文月です。

雨の降る日が多くなり、気温の変化も激しく体調を崩しやすい時期となりましたが、旧暦では初秋。コロナ禍の中緊急事態宣言が解除され、以前とは日常は大きく変化してしまいました。環境問題に取り組むグレタ・トゥーンべリンさんを思い出しました。昨年の9月に初めてテレビで彼女のヒステリックな表情が衝撃的で超不自然な文明生活を後戻りしなければならない恐怖をこのコロナ禍の間、高度な文明生活の代償で目の当たりにした感じです。コロナ関連でお亡くなりになった方のご冥福、罹患されている方の回復をお祈り申し上げます。かかわっている医療従事者の方に敬意を申し上げます。
100年に一度のパンデミックのなか、かろうじて杉之間サービスは営業に漕ぎついています。しかし、秋以降に第2波の襲来と言われる中、ワクチンも開発されていのか分からない状態で全く予断を許さないのです。
今後、できることは、自身の健康を守り感染防止を徹底することにつきます。そして柔軟に不自由な状態に対応していく努力が必須となりました。

6月は水の月水無月です。

きれいな紫陽花を愛でながら、水を尊び自然に感謝するつきなのでしょうか。今年の梅雨は試練の時でもあるようです。毎年熱中症が多発し重症化更新の時期が到来とコロナウイルスと並行して憂鬱を嘆いてばかりではいられません。コロナ対策と合わせて熱中症対策にも注意が必要です。

熱中症対策は段階的に暑さに体を慣れさせる生活習慣を取り入れていきましょう。
1.午前中のうちから水分と適切な塩分を意識して補給する。
2.体に負担がかからない軽い運動(雑巾がけなどの家事)で汗をかくなど体温調節機能の正常化を図る。
3.日々の天気予報で暑さ指数をチェックして、行動を考える。
4.なるべく引き続き人込みを避けて行動する。

とにもかくにも、一丸となってこの時期を無事に乗り越え、浄化されて戻る美しい水の流れのごとくまた平常な日々を取り戻すしかありません。

3月分給料支払いました!

今年はコロナウイルス感染症の脅威で例年悩まされている花粉症が影を潜めています。緊急自粛要請が発令されてから不自由な生活を余儀なくされる日々が続きますが、一丸の意識でこの危機を乗り越えなくてはならない正念場でしょうか。
当社の取り組みで今週から、パートタイマー事務員さんのテレワーク交代勤務を始めました。
海上コンテナ輸送業は皆様の生活を支える物資を運ぶ仕事を担うことに誇りを持ち、間接的なソーシャルワークの意識で臨んでおります。
さて、3月分給料を4月20日にドライバーさん支払いました。総支給額の平均は425,188円、出勤日数22.5日、総労働時間223時間、所定労働時間176時間、法定時間外50時間、この実績の中に今年1月からの見習いの方を含みます。
4月は新たな事業年度です。これからも杉之間サービスは安全第一で物流を支え、雇用を守り利益を出し税金を納めることで社会貢献する健全な経営を常に意識して邁進します。

横浜市中区で海上コンテナドライバーさん募集中

毎日、コロナウイルスの報道を見聞きして更に不安が募ります。コロナウイルス先行の不安を抱え、雇用を守るために、日々杉之間サービスはできることをして過ごしています。
金融機関にコロナウイルス感染症影響による対策資金の申し込み、取引先に仕事の安定化促進のため請願、備え付けのアルコールチエッカー複数人での使用は感染リスクの心配からドライバーさんに各自専用アルコールチエッカーの配布等、取り組みをしています。
お陰様で会社から休業をお願いすることなく平常の雇用の安定を守っています。
新し年度になり、転職等お考えの方は是非、当社で能力を発揮してみませんか。お手伝いいたします。

こんにちは!久々の杉之間ブログです。

コロナウイルスの影響がいたるところで発生している情報が毎日報道され、杉之間サービスも例外ではなく仕事量で被っておりますが、今後どうなるか不安を抱えながらも前向きで頑張っております。海上コンテナ輸送は幸い、元々あまり人と直接的に接することないテレワークに近い環境である為か、今のところ早急な対策は手洗いマスク等で問題なさそうです。海外、特にイタリアは膨大な死者数です。本国では死者数の数が圧倒的に少数なのは健康保険制度が国民に浸透し日ごろから医療機関で持病等の治療受診が充実しているためだと思います。社会保険料の加入負担は会社の義務ですからね。

2月は旧正月で例年閑散期である上コロナウイルスの影響で更に拍車がかかっていましたが、2月分支給額は税込みで平均361,053円でした。法定労働時間外労働は平均30時間でした。平日なのに昼12時に退社する日が数日あったりするので、土曜日出勤を希望するドライバーさんいるほどでしたが、土曜出勤は今月平均月1日でした。

今期の予定していた春季健康診断はコロナウイルスの影響で、行政機関の要請により中止となりましたため、個別で持病等心配な方は必要に応じて治療等受け健康管理を万全にお願いする次第です。人込みに行くことは自粛して、くれぐれもクラスター感染に遭遇しないようにしたいものです。

多様性を求められる働き方改革

様々な出来事の情報を見聞きし、平穏な日々を送ることの難しさを感じます。それは情報化が進みよりグローバル社会に成熟したからなのか、以前は狭いコミュニティでは対岸の火事の認識レベルだったのかもしれませんが疫病の歴史も各地にはあったわけで、人の天敵はウイルスであることはみな知っていることと思います。野生動物の番組を見て、天敵との葛藤に始終し子孫を残すことを繰り返している様子を見るたびに、文明が進むにつれ人間だけがこのサークルから外れているようないないようなモヤモヤが頭の隅に沸きます。本来、平穏無事に日々を送ることは難しく当たり前と思うことは危険で、政府が安全の為に在宅ワークや、有給休暇取得等緊急措置を企業への請願、学校休校緊急要請は、現場においては、混乱や犠牲が予想されても状況を観察の上、柔軟な対応が不可欠なのではないかと感じます。多様性とはあらゆる想定外の事実と皆が向き合うことと多様な社会から垣間見えることなのです。簡単なことではありません。

杉之間サービスは12月より、神奈川県運送業新たな担い手育成事業に参加して2名雇用契約し、さらに1名未経験者合わせて3名のドライバー新人を採用しました。1名の方は残念ながら1月で退職されました。残りの2名の見習いさんも一人前になることを期待しています。引き続きどうぞよろしくお願いします。